お知らせ
ブログ

心不全患者のアドバンスケアプランニング

京都ACP研究会

姫路循環器医療センター大石さん,三菱京都病院 山部さんらとご一緒させていただきました.
心不全ケースの移行期ケアは再入院割合も高く,難しいとされる一方で,心リハと同時に始まるACPの取り組みなど大変学びになる討論ができました.
非がん疾患の緩和ケアはこれから発展していく中で,様々な取り組みを先駆的になされている会場の皆さんを交えた討論で盛り上がりました.
慢性疾患として経過の長い心不全では隠れ心不全や末期心不全さまざまな段階で病院・在宅医療者ができることがあることを共有できる良いひと時でした.

ーーー以下簡略版メモーーー
心不全はこれからますます増加していくことが予想される中,心不全緩和ケアの必要性に関する報告は普遍化している.
ガイドラインにおいても推奨レベルとされ,緩和ケア診療加算に末期心不全が対象となった.
一方で対象となるのは困難で
・安静時に症状が出ていること
・一年以内に2度の再入院があること
などと適応基準が非常に高い.一年以内に再入院せずに亡くなる方も多いのが実情で,適応基準に当てはまらない方にも十分必要なケアである.

心不全治療のあり方は病の軌跡を共有しながら,症状増悪期である谷をできるだけ小さくできるように,塩分制限・水分制限・内服管理・体重管理をしていくこと.
ここでは心不全がどういう病気か互いに知っていることが非常に重要となる.
・心不全は増悪と寛解を繰り返す慢性の疾患であること
・心不全診療には切れ目のない医療,ケアの提供が必要であること
・生活の場を知った上で移行期ケアを提供されること
が求められる.
生命を脅かす病に対する緩和ケアニーズは心血管系が多い.
治療が症状緩和につながるため,苦痛緩和には治療の視点も必要で決して治療をやめるわけではない.
心不全には心不全治療をまず行い,それによって取れない苦痛への対象が緩和ケアの対象となる.
揺れる経過があるからこそ,早期から通常治療と並行して緩和ケアの提供,意思決定支援をしていく必要性がある.
ステージDになってから行うというものでは決してない.

一覧へ戻る

ご相談・お問い合わせ

訪問看護に関するご不明点やご相談がございましたら
まずは下記よりお気軽に問い合わせください。

PAGETOP

採用エントリー

お問い合わせ