お知らせ
ブログ

ひゅっぐりーマネジャー研修!

訪問看護管理者研修

ひゅぐりーではマネジャー研修を毎月開催しています!

本日は 組織管理 について!
・なぜマネジメントが必要なのか?
・具体的に何をマネジメントするのか?
・マネジメントの在り方とは?

についての内容を高木先生にお願いしました!
マネジメントは必要と分かっているが、なぜできないのか?
・自分に利することは容易にできるが、組織や他人へ利することは急激にテンションが下がる
・医療や介護職ほど他者に対する想いが極端に少ないというのが特徴である
・マネジメントをやる理由がわからない者ほど続かないし出来ない

出来ない理由を知ることでできるように修正していける可能性が見えてきました!

マネジメントとは
組織と個人のベクトルをできるだけ合わせていく過程のこと。
①-⑥をバランスよく、得意分野を共有しながらしていくことが重要!
①ヒトのマネジメント
企業活動において最も重要であるとともに複雑な要素
人的資源管理や心理学(動機付け理論)というのがそもそも複雑で難解な学問でもある。
②モノのマネジメント
生産過程に標準の概念をもちこみ、用具の標準化、生産手順の標準化、生産時間の標準化を行い、生産量のノルマを設定する。
③カネのマネジメント
訪問看護においてはレセプトや加算管理
④情報のマネジメント
20世紀後半の情報革命における外部環境の変化に備える
⑤顧客のマネジメント
「モノをつくり、それを売る」のではなく、「顧客の求めるモノを探り、それをつくる」ことがマーケティングとして非常に重要。
良いものが売れるのではなく、売れるものが良いということ。
売らないとわからないので、市場にリリースしまくっているのが重要。出す頻度が多いことで成功する。
⑥戦略的マネジメント
①-⑤のマネジメントを組み合わせながら展開すること。
訪問看護管理者研修

一覧へ戻る

ご相談・お問い合わせ

訪問看護に関するご不明点やご相談がございましたら
まずは下記よりお気軽に問い合わせください。

PAGETOP

採用エントリー

お問い合わせ