奈良の精神科での訪問看護をお求めの方へ

お問い合わせ TEL MENU

専門的在宅支援チーム

在宅食支援チームについて

摂食嚥下技術を専門的に習得した看護師・言語聴覚士が中心となって包括的な食支援を行います。
最期まで口から食べたい方、経管栄養を使用しているが口から食べる支援を受けたい方、誤嚥性肺炎等を繰り返している方で自宅療養を希望される方が対象です。

具体的な支援内容

  • 摂食嚥下障害は多様な要因から生じます。摂食嚥下機能だけでなく食事意欲、呼吸状態、姿勢、栄養状態等様々な要因が関与するため多職種連携による包括的な支援が必要になります。
  • ひゅっぐりーでは摂食嚥下障害に対する専門的な看護師が全身状態を評価し、言語聴覚士による摂食嚥下機能評価、理学療法士による姿勢・呼吸評価、作業療法士による食事補助具評価、必要に応じて連携先の訪問診療(耳鼻科)・訪問歯科・管理栄養士等と連携します。

地域精神保健チームについて

精神看護専門看護師を中心に精神科作業療法士等多職種で支援を行います。 入院したくないけれど不安がある方、自分でできることを増やしたい方、様々なニーズに応えながら自分らしく暮らせる支援を行います。必要に応じて同法人内の就労支援施設と連携し就労支援も行います。

具体的な支援内容

  • 一人一人の可能性や夢に向かう過程に伴走し、サポートをします。
  • そのために、多職種で構成されたチームメンバーが希望を探すところから一緒にサポートさせていただきます。
  • 家族のことや仕事のことなども一緒に考えさせていただきます。

地域緩和ケアチームについて

緩和ケアを専門とする看護師を中心として人生の最終段階を納得した形で過ごしたい方へ包括的に支援します。
身体のことだけでなく、心や家族のことなど心理的、スピリチュアルなことを包括的に支援させていただきます。

具体的な支援内容

  • かだらのつらさ、こころのつらさ、その他家族や仕事のこと等に関して支援させていただきます。
  • 「緩和ケア」には予防的な側面もあり、できるだけ早い段階から関わることで人生の質、暮らしの質を保てるようにします。

訪問看護のポイント

退院前訪問 住居の状況・家族との関係・近隣との関係・交通機関・利用する商店・通院時間と経路等の確認
生活指導 生活リズム・服薬状況・金銭管理・買い物・食事・清潔・身だしなみ・掃除・洗濯・勧誘などへの対応・ごみ出し・身体合併症の把握
病状の経過観察 病状の把握・服薬確認・外来受診・睡眠状態・食欲・生活の乱れ・悪化の早期発見と短期治療
対人関係の調整 家族・友人・大家・職場・地域・病院
社会資源の活用 公的支援だけでなく、患者会・家族会など
家族への支援 患者さんの情報を伝える・家族内の葛藤を低める・家族を支える社会資源の活用

ご相談・お問い合わせ

訪問看護に関するご不明点やご相談がございましたら
まずは下記よりお気軽に問い合わせください。

PAGETOP

採用エントリー

お問い合わせ